Paascheの エアブラシです。

アメリカでは割とポピュラーなPaasche (パーシー)のエアブラシを導入しました。国内では取り扱いが少なく、滅多に見かける事がありませんが、今回はMNTさん扱いの品物を入手できました。形式的には吸い上げ式(サイフォン式)のシングルアクション構造です。ノズルは細、中、太の3種類が付属します。太い5番のノズルで試し吹きを行いましたが、塗装物より10cm離して4cm程度の吹き幅が確保できますので、機体の色付け等は特に大きな面積でなければ問題無く作業できます。ベースカラーやトップコートも塗装ができますが、基本的には丸吹きのエアブラシであって、スプレーガンではありませんので、同等の能力を求めるには無理があるでしょう。塗料の吐出量も限度がありますので、大型機ですとそれなりに作業時間が必要になります。

Paasche のエアブラシの特徴としては、MNTさんも書かれている通り、メンテナンス性に優れている点でしょう。塗装機材を長持ちさせるコツは、使用後の丁寧な洗浄に尽きると思いますが、洗浄作業に手間がかからず、たくさんのシンナーを必要としません。私の場合は、試飲等に使用する小さなサイズの紙コップに、外したエアキャップ、ノズル、ニードル、カップを入れ、洗浄シンナーを注いで回し洗いをします。本体については、ほとんど汚れませんので、軽くシンナーを浸したウエスでふき取る程度です。回し洗いで大体の洗浄ができますが、カップの塗料経路、ノズルの内部については、できればブラシ洗浄で薄く付着した塗膜を取っておきたいですね。写真のようにドラッグストアで売っている、歯間ブラシに手を加えたもので擦ると良いと思います。

前述のようにノズルも3種類付属していますので、作業によって使い分けをすれば良いでしょう。細いノズルですと、2mm位のラインもいけそうです。本来エアブラシは、グラデーションを生かしたブラシアートなどのためのツールですが、我々飛行機屋の用途としては、マイクロスプレーガン的な使い方になってしまいますね。私としては絵を描く才能なんぞは、全く持ち合わせておりませんので・・。

使用できるコンプレッサーについては、毎分15Lから20L程度以上の吐出エア量がある機材でしたら調子良く使用出来ると思います。基準のエアの吐出圧力としては、0.15から0.2Mpa程度で好調でした。圧力については、細いラインを引く場合は低め、塗料をたくさん出す場合はやや高めという感じですが、実際に吹いてみてエア圧を調整します。

ノズルが3本付属という事は、3本のサイズが違うエアブラシを買ったのと同じ事ですね。大き目のガラスボトルも2ヶ付属ですので、広い面積を塗装する場合には重宝するでしょう。エアホースは1.8mです。普通はこの長さでこと足りると思いますが、ジョイントを使用してホースを延長することもできます。ただし別途調達の必要があります。

総括としてはコストパフォーマンスが高く、多用途で使い易いエアブラシだと思います。シンプルな構造ですので壊れ難く、しっかり手入れをすれば、末永く使用できる機材だと思います。M2おすすめの逸品ですね。

DSCN0774.jpgDSCN0766.jpgDSCN0775.jpg
DSCN0773.jpgDSCN0771.jpgDSCN0770.jpg



スポンサーサイト

コメント

しんがぷーら #-

おっと、丁度今 我が家に宅急便が届きました。何々,Ⅿ.N.T.I?

2017年03月31日(金) 19時26分 | URL | 編集

M2 #-

おや、MNTさんの在庫が3だったのに、いつの間にか2になっている。もしかして、超一流フライヤーのみが所有を許される、例の超高級なブツの塗装用に調達したのかな・・。

2017年03月31日(金) 20時54分 | URL | 編集

じゃいあん #-

まあ 欲しいっちゃ欲しい

2017年04月07日(金) 15時44分 | URL | 編集

ウエダクラブ #pz2/maxo

そうね、機体はほしいな。

2017年04月08日(土) 09時04分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP