レガシー活性化プロジェクトその5

脚のアッセンブリーです。本来は翼脚のレガシーですが、実用性を向上させるため胴体脚に仕様変更しました。部屋長印のラウンドカーボン脚と、パワーズカーボンスパッツの組み合わせです。スパッツを固定する方法は色々あって人によって様々ですね。私がよくやっている方法ですが、スパッツの穴を空けたら内側にM3のフランジ付ナットを瞬間で接着します。デュブロの軽量タイヤを使用していますが、スパッツとの干渉を避けるために両側がら少し削ぎ落として薄くします。上の部分のネジが切っていないM3のキャップスクリューを使用してタイヤに通したら、反対側からロックナットで固定するだけです。この方法はシンプル・軽量でトラブルが少ないと思いますね。
今回の重量は72gでしたが、これがジュラ脚とグラス製スパッツですと、大体110g位の覚悟が必要です。

DSCN0439.jpgDSCN0440.jpgDSCN0441.jpgDSCN0442.jpg



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP