バンブーベニヤ。

以前、航空ベニヤが入手困難である旨の記事を書きましたが、現在も状況はあまり変わっていないようです。そんな中、福岡のCrusader先生から、航空ベニヤの代替品として使用できる竹合板の情報を頂きました。2プライ90度の貼合わせ合板で、厚みは0.5mm程度との事です。九州国の名機フェザント号にも以前から使用されているそうですので、実績としては申し分ありませんね。早速、取り寄せて試してみる事にしました。比重はバーチ材の航空ベニヤよりも軽く、価格的にも航空ベニヤよりローコストです。次回製作予定の軽戦シリーズ5号戦で使用してみます。

DSCN0861.jpg


スポンサーサイト

パーツの製作中です。

しばらくの間、機体製作を休止していましたが、また少しずつパーツの製作を始めました。写真は軽戦シリーズ5号戦のエンジンマウント製作です。人によって製作の手法には、だいぶ違いがあると思いますが、私の場合はガラス板(鏡)を定盤替わりにして組み立て作業をしています。このガラス板(鏡)の欠点としては、作業中に自分の顔が見えてしまう事ですね。

DSCN0858.jpgDSCN0859.jpg


機体探求レポート17

福田裕治さん(東京、KaFC出身)の新作機です。USA Bill Werwageさん設計のアレスですね。Steve Woolyさん設計の名機コブラと共に、往年のデトロイトスタイルを代表する機体と言えるでしょう。アレスの初期型は55年にUSA アンブロイド社によりキット化、発売されましたが、この機体は59年バージョンのブロダック社製キットより製作されています。アンブロイド社は、有名なスツーカスタントのキットを発売していたメーカーでもあります。搭載されているエンジンは、オリジナルではFOX35でしたが、福田機にはアレスの発展型であるペロクエットにも使用されていた、HP40が搭載されています。HP40については、あまり情報が無いと思いますが、もともとはRCの40パイロンレース用に作られたシニューレエンジンで、単体の重量は238gとの事です。この機体に搭載されているエンジンは、ランディースミス氏の手によりCLスタント用にチューニングが施された、ゴールドヘッドのスペシャルエンジンで、珍品のアダミシン製フィン無しマフラーが取り付けられています。それにしても圧巻・・凄い物持ちですね。

仕上げ及び重量については、主尾翼は絹貼りドープ下地、胴体は紙貼りドープ下地でカラーリングはウレタン、クリアウレタントップコート吹き付けで、全備重量1380gで完成です。まだ、さほど飛行回数は多くはないですが、ボリーの3B、10.5×6.5のプロペラを使用して、パワフルに飛行中です。

DSCN0853.jpgDSCN0854.jpgDSCN0856.jpgDSCN0855.jpgDSCN0857.jpgHP40.jpg



GO TOP