親方の新作ですね。

のび太親方の新作機がロールアウトしました。この機体は、Windy Urtnowski のストレガがベースだそうです。エンジンはPA75のパイプ仕様ですが、これ何処のメーカーのパイプですかね・・PAの専用パイプかな? 持ち主の本人もよく知らないようです。セッティングとしては、12×4,5位の3Bペラを10500rpm位ですから、王道のセッティングでしょうか。燃料をもう少し喰わせたいようです。

飛びは良いと思います。仕事が多忙にもかかわらずよく作れますよね。感心しちゃいます。機体のカラーリングは毎度個性的な色使いの、完全のび太ワールドですね。

DSCN0260.jpgDSCN0258.jpgDSCN0262.jpgDSCN0259.jpgDSCN0255.jpgDSCN0257.jpg



スポンサーサイト

一番良いかもね。

今流行りのボルテックスジェネレーターですが、みなさん色々な材質の物を取り付けていますね。カーボンであったり、クリアテープであったり、樹脂製であったり、またスポンジであったりと、人それぞれですが、どれも一長一短があるようです。カーボン等は硬く鋭いので、慎重に扱わないと引っかけたり、うっかりすると怪我をする可能性があります。スポンジはそういった心配はありませんが、だんだん風圧で角が削られて効果が少なくなるので、定期的に交換が必要だそうです。

ボルテックスジェネレーターの効果について、当ブログでは論じませんが、じゃいあん氏の機体に取り付けられていた物は、なんと車のワイパーゴムを加工した物でした。これですと怪我をする心配もなく、耐久性も問題ないですね。おそらく現時点では最良の物じゃないでしょうか。 廃品のワイパーで作れますし、良いアイデアですね。

DSCN0252.jpgDSCN0253.jpg


メンテプロジェクト終了です。

全体の研磨作業を終え、メンテナンスプロジェクトはコンプリートですね。写真ではあまりわかりませんが、手触りが良くなってツヤも出た感じです。

DSCN0249.jpgDSCN0250.jpgDSCN0251.jpg



メンテプロジェクトその4

胴体上部の補修塗装を終えました。脚の取付部の修理も済ませましたので、このプロジェクトもそろそろ終了です。最後に手触りが悪く、少しカサつくので、全体をポリッシャーで研磨してフィニッシュですね。

DSCN0243.jpgDSCN0244.jpg



メンテプロジェクトその3

ポリパテの整形を終了し、プラサフを吹きました。次回は色付けをしますが、この手の補修は広範囲で吹付しないと補修箇所が目立ってダメですね

DSCN0239.jpgDSCN0240.jpg


メンテプロジェクトその2

胴体上部、ノーズ部分の隙間をポリパテで埋めました。完全硬化後に整形します。その後はプラサフを吹き付けします。

DSCN0237.jpg

SV-11 ARFのメンテプロジェクト始動しました。

しばらく飛ばしていないSV-11のARFですが、久しぶりに点検をしてみたところ、脚の取り付け部分に不具合がありました。よく見るとピアノ線が差し込んである穴が広がってグスグスですね。この際ですから気になった箇所を手直しすることにしました。

ARFによくある構造ですが、エンジンマウント上部のノーズ部分を上から蓋をするような仕組みになってます。したがってどうしても取付部分に隙間ができてしまいますが、Singapuraさんに言わせると、これは超かっこ悪いんだそうです。それなら埋めてみることにしますかね。

タイガー60にエアロプロダクトのマフラーが付いていますが、何だかデカイ頭ですね。
この機体、かなり前にカタログから消えたので、今や貴重品になってしまいました。

DSCN0233.jpgDSCN0235.jpgDSCN0236.jpgDSCN0234.jpg



BMコンポのリニューアルプロジェクト終了。

クリア塗装後の研磨処理も終了し、ケースも完成したのでこのプロジェクトは終了です。
さて、次は何をしましょうかね・・。

DSCN0231.jpgDSCN0232.jpg


トランスポート用ケースです。

BMコンポの運搬用ケースを作りました。作ったと言っても私が作ったのではありません。ケース屋さんに特注した物です。飛行機に載せる場合は、預け荷物のサイズや重量等の細かい規定がありますが、一番厳しいと思われるANA国際線等の規定、三辺合計1580mmをぎりぎりクリアして1575mmで完成できました。

重量は機体を収納した状態で約9.5kgですが、これくらいなら許容の範囲だと思いますね。これより大きいと飛行機に載せられないという事ではありません。サイズオーバーの超過料金を払えば済むことです(けっこう高い)。この大きさですとサイズオーバーの料金は不要ですが、私物を収めた他の荷物もあるのでエコノミークラスの場合、個数オーバーの料金は取られますけどね。

DSCN0207.jpgDSCN0208.jpgDSCN0209.jpgDSCN0210.jpgDSCN0211.jpg



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。