BMコンポのオーバーホール&リニューアル

えらく更新をさぼってしまいました。悪しからずご勘弁。

某氏のBMコンポのオーバーホールをはじめました。 まずは、古い塗装をすべて削り落としました。 その後はセル下地の修正をします。全体をチェックして、セルが弱っている部分や、薄くなってしまったところにマチ針で小さな穴をたくさん空けます。その部分に低粘度の瞬間接着剤を流し込んで補強をします。 固まったらサンディングのあと、ポリパテで穴を埋める処理をします。全体のパテ修正が終了して、サンディングを終えたら、プラサフをガンで薄く吹き付けします。プラサフを吹き付けると、今まで見えていなかったキズやへこみが露呈されますので、再度ポリパテ修正をします。写真はプラサフ後のパテ修正をしている状態ですね。

DSCN0148.jpgDSCN0149.jpg



スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。