スプレーガンの洗浄。

002.jpg003.jpg004.jpg

スプレーガンの不調やトラブルは、洗浄不足に起因する事が多いようです。洗浄の順番としては、まず余った塗料をカップから別の容器に移します。シンナーをカップに入れ、シェイクしたり、ブラシ等で擦ったりして塗料を落とします。ある程度洗浄ができたらシンナーを入れ替え、トリガーを引いてノズル等をシンナーで吹付洗浄します。次はうがい洗浄です。ノズルの先端を指で押さえながらトリガーを引くと、エアーが逆流してゴボゴボと塗料の経路をうがいをするように洗浄ができます。これをシンナーがきれいになるまで繰り返しますが、カップの中でもゴボゴボしますので、シンナーの飛散防止のため必ずフタがしてある状態で行います。

次はバラシですが、まずニードルを外します。塗料の吐出量つまみをどんどん回していくと外れます。スプリングを取り外してニードルを引き抜きますが、ニードルを抜き差しする際には必ずトリガーを引いた状態で行います。ニードルにも塗料が付着していますのできれいに洗浄します。次はノズルを取り外しますが、舐めやすいのでなるべくメガネを使用します。メガネが無い場合はスパナで慎重に外すようにします。

先端パーツはまとめてシンナーに浸して洗浄します。ニードルの経路を洗浄するために、写真のノズル付の容器にシンナーを入れて、勢いよくシンナーを噴射します。

これでキレイになったと思いますが、組み付けはノズル廻りから行い、きつく締めすぎないように注意します。ニードル周辺を取り付けたら、シンナーを浸み込ませたウエスできれいに全体を拭って終了ですね。

丁寧にやると結構時間がかかりますよ。

スポンサーサイト

カーボンフラットバー。


DSCN0075.jpg



カーボンのフラットバーですね。リブ組翼のスパー等の補強に用います。写真のフラットバーは、幅5mm 厚さ0,5mmの寸法ですが、スパー材等に瞬間で貼り付けて使用しています。どの機体にも施工可能と言う訳にはいかないでしょうが、使用できれば非常に効果的で、翼全体の剛性が著しく向上します。オススメ

板金折り曲げ機。

DSCN0070.jpgDSCN0071.jpg


以前にmixiではご紹介した事がありますが、HOZANツールの板金折り曲げ機ですね。金属板をきれい折り曲げることが出来ます。このツールを燃料タンク材料の曲げ加工に使用していますが、きれいに加工が出来て作業も早くなり、一度使用すると手放せません。タンクを自作する人にはお奨めのツールですね。

ワイヤーのメンテナンスオイル。



操縦ワイヤーの手入れに使用するオイルですが、皆さん様々な製品をお使いのようですね。トリフローはウクライナワイヤーに最適だと思います。他のオイルでワイヤーに潤いを与えるトリートメント的な使い方なら、自転車用の上質なチェーンオイルは適していると思います。トリフローも本来はチェーンに使用するオイルですね。写真のパープルカラーの容器の製品は輸入品です。さらさらしていて扱い易く、評判も良かったのですが、残念ながら国内の発売元で取扱い終了だそうです。

パープルに変わって最近評判が良いのが赤い容器の製品で、これもさらさらしているタイプです。お値段も600円から700円位とお手頃価格で、マニア向けの自転車ショップで購入できます。グリーンのタイプは、少し硬めのタイプですので、好みで使い分ければ良いと思います。


増G様の世界戦略機。

DSCN0063.jpgDSCN0064.jpg

増G様が現在製作中の、ポーランドで開催される世界選手権の出場予定機です。いよいよ下塗りの工程まで来ましたね。お得意のフォーム翼を外翼の途中で取り外しが出来る構造になっています。この構造は初めての試みだそうですが、非常に完成度が高いと感じます。エレベーター、フラップ等も含めてすべて取り外せる構造ですが、海外への遠征ともなるとトランスポートは非常に重要な課題ですし、コンパクトなパッキングをするにも工夫が必要になりますね。

増G様の下塗り工程では、生地にドープサンディングシーラーを2回塗ってサンディング。その後全体に絹を貼る工程に進みますが、絹貼りからはウレタンシーラーを使用だそうです。 完成が待ち遠しいですね。



軽戦シリーズ3号戦。


DSCN0065.jpg

これもだいぶ前の作品ですが、軽量戦闘機シリーズの3号機です。1号機より軽くてST51搭載、パキパキ舵が効く感じです。すでに過去の機体となってしまい、なかなか飛ばす機会がありませんが、たまに飛ばすと良い感じがします。今日飛ばしてみたらリンケージの手直しが必要なところがありました。ちなみにOS55AX搭載の2号戦も高性能でしたが、これは残念ながら墜落してオシャカになりました。軽戦シリーズは、小型軽量の機体に大パワーのエンジンで、体力の衰えから強風の中でも楽に飛ばせる機体というコンセプトで計画しましが、まぁそこそこ狙いは外していないと思います。とりあえず軽戦シリーズの開発は、この3号戦をもって終了としました。

謹賀新年。


DSCN0052.jpg

明けましておめでとうございます。

お正月ですので、海外へ遊びに行く時に持参する、遠征用のちょっと高級な機体をUPしてみました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

DSCN0051.jpg

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。