FC2ブログ

機体探求レポート20

井口勝弘さん(東京、三鷹ノーコンフレンド、TDF出身)の新作GYPSYがロールアウトしました。ストーカー61SE搭載で全備重量1700gだそうです。当機は1968年に発表されたクラシックカテゴリーの機体ですが、エンジンがパワーアップされているせいか、フライトは現代機と比べても遜色なく良く飛びます。日本では名機クリームのベースとなった機体としても有名ですね。

DSCN0937.jpgDSCN0938.jpgDSCN0939.jpgDSCN0940.jpgDSCN0941.jpg


スポンサーサイト

機体に積みました。

ENYA61 CXL S PRO(名前長過ぎ)を機体に搭載しました。近々テストしてみますがどんな感じでしょうか・・。
クラブメイトであるBG3さんの同型エンジンは非常に快調ですけどね。

DSCN0931.jpg


次期主力エンジンですね。

普段はSTALKERやPAなどの海外製エンジンを本命機に使用していますが、今回はちょっと趣向を変えて国産エンジンを使用してみようと思っています。ENYA製のエンジンを本命機に使用するのは45S以来ですね。残念な事に、この赤ヘッドの61エンジンは既に販売中止になっていますが、理由は本体ケース用の金型を紛失してしまった為、再キャストができないからだそうです。ENYA製のエンジンの中では売れ筋でしたので本当に残念ですね。61CXL S PROですが、ABC形式で低回転域のトルクが太く安定して回る、と聞いていますのでその辺に期待をしています。

DSCN0930.jpg


機体探求レポート19

しばらく更新が出来ませんでしたので、関係各位よりお叱りを受けてしまいました。ネタ切れでしたので悪しからず。

増G様(神奈川)の新作がロールアウトしました。サザンクロスシリーズGACRUXです。翼型も含めた主要諸元は、ウクライナ製シャークのほぼコピーと言っても良いでしょう。全長1120mm,、全幅1500mm、主翼面積41.5d㎡、尾翼面積11.5d㎡、バッテリー込みの全備重量は1650gです。クラブメイトのSingapura殿下(九州KMAC出身)が所有している本家本元のシャークは全備重量で1750g前後とのことですから、驚異的な軽量機と言えるでしょうね。主尾翼はリブ組みのフルプランク構造で、胴体の上部及び下部はモノコック工法で製作されています。

DSCN0925.jpgDSCN0928.jpg

三次曲面のこのような主翼のフルプランク作業は、技術的には相当な困難を伴いますね。普通に押し付けるだけでは到底工作できません。無理に抑え込んでも上手く接着できませんし、捻じれは必至です。作業方法としてはプランク用の冶具を用いて、プランク材の途中から数本切れ目を入れ、エポキシと瞬間接着剤を使用して歪を逃がしながら接着していくそうです。

DSCN0917.jpgDSCN0916.jpg

胴体上、下部のモノコック構造の具体的な工作方法としては、まずバルサブロックで上下部の型を製作します。型に1.5mmのバルサを水で湿らせて巻き付け、マスキングテープでぐるぐる巻きにします。しばらく放置して乾燥したら、表面に木工用のボンドを塗り、間に絹を挟み込み、更に1,5mmバルサで巻きます。胴枠を現物合わせで取り付け上下部完成。本体に取り付けサンディングを施して終了です。パーツになった状態で下見させてもらいましたが、軽量にもかかわらず驚くほど高剛性でした。

DSCN0920.jpgDSCN0919.jpg

完成重量を最優先したため、塗装については通常に比べてあっさりと少な目にしたそうです。艶はバッチリですけどね。

翼端が薄いため、可変リードアウト機構の取り付けには苦労したそうです。ウエイトBOXは未装着で、固定ウエイトを40g搭載しました。

DSCN0923.jpg
DSCN0924.jpg

定評のある基本設計と軽量な仕上がりの為、相当なポテンシャルを秘めているようです。これからプロペラ選定やパワー調整等の作業で煮詰めていく必要がありますが、かなり期待が持てそうですね。

DSCN0927.jpgDSCN0926.jpg



オリジナルウエア

今冬季シーズン用のオリジナル防寒ウエア(ブルゾンタイプ)を数量限定で製作しました。裏地はフリース生地で暖かく、軽量ゆったりタイプです。襟にはフードが仕込まれていて、いざという時には引っ張り出す事ができます。自らハンドメイドでやっていますので、たくさんは作れないんですけどね。

DSCN0913.jpgDSCN0914.jpgDSCN0915.jpg


GO TOP