軽戦シリーズ製作プロジェクト終了

軽戦シリーズ4号戦の製作プロジェクトですが、トップコートの吹き付け、研磨作業、全体の艤装を終えてコンプリートになりました。完成重量についてはPA61エンジン搭載で、概ねの想定通り1556gでした。調子が良ければ選手権に使いたいところですが、出場するにしても、Eランクの最下位グループが既定ポジションなので、どんな機体であっても大差は無いんですね・・。う~ん、残念!!

これでひと段落ですので、ネタ切れでしばらく更新できないかもしれません。そんな場合は悪しからずご容赦下さい。

DSCN0814.jpgDSCN0816.jpgDSCN0818.jpgDSCN0819.jpg



スポンサーサイト

軽戦シリーズ製作プロジェクトその8

文字入れとインクラインの作業を終了しました。残るはトップコートの吹き付けと研磨作業ですね。何とか梅雨入り前にクリア塗装ができそうな感じです。

DSCN0811.jpgDSCN0812.jpgDSCN0813.jpg



軽戦シリーズ製作プロジェクトその7

おおまかな彩色を終了しました。この後は文字入れをしてインクラインの作業です。梅雨入りする前にトップコートまで終わらせたいですね。さもないと長雨で作業が進まなくなって、大幅に完成が遅れますのでね。いつも露天吹きで塗装作業をしていますが、できれば塗装ブースが欲しいところです。まぁですね、叶わぬ望みだと言う事は重々承知しておりますが・・。

DSCN0804.jpgDSCN0805.jpgDSCN0807.jpgDSCN0806.jpg



軽戦シリーズ製作プロジェクトその6

下地処理の作業を終えてベースカラーの吹き付けを行いました。色使いについては製作の都度変更していますが、今回のコンセプトカラーはブルーにしました。写真では解りづらいですが、デザインの関係から調色をしたライトブルーを使用しています。

DSCN0801.jpgDSCN0802.jpgDSCN0803.jpg



軽戦シリーズ製作プロジェクトその5

製作中の軽戦シリーズ4号戦ですが、塗装の作業中ですね。胴体はタルクシーラーで下塗り後、部位を分けて薄紙と絹で被覆しました。その後はタルクサフェーサーで中塗りを施してあります。タルク入りのサフェーサーは刷毛でも塗装可能ですが、出来れば口径1.2~1.4mm程度のスプレーガンで吹き付けた方が、ムラ無く塗れるので後の研磨が楽です。主翼についてはオラカバクリアで被覆後、上塗りのはがれ防止にプライマーを吹き付けてあります。

DSCN0800.jpgDSCN0799.jpg



GO TOP